- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト宮崎

コーティングで迷ったら専門店へ!!

今回はコーティング専門店についてお話します。
新車、中古車購入の際や、車検時などオプションとしてコーティングをすすめられることがあると思います。
以前もお伝えしていますが、ディーラーさんのコーティングはコスト重視の場合が多く、施工方法、施工環境も専門店とは異なります。車のコーティング施工は実に奥が深いもので、新車でも中古車でもそれぞれのお車の状態にあった対応が求められます。

そこでリボルト宮崎では膜厚計を使用して施工品質の向上に取り組んでいます。
車の塗装には限界があり、メーカー、車種、年式などにより塗装の膜厚は一台一台違います。
膜厚計で塗装の厚みを確認することで、下地処理の工程で、塗装状態に適したコンパウンド、ポリッシャー、バフの選定もしやすくなり、仕上げまでの工程が組みやすくなります。状態に応じた施工を行うことにより結果として施工品質の向上に繋がると思っています。

レクサスGS-膜厚計


レクサスIS-膜厚計


稀に極端に塗装の薄いお車や過去に再塗装されたお車がご入庫されることもあり、そのような塗装は磨いた瞬間に塗装が取れてしまうという思わぬトラブルに発展します。年数が経過した中古車などは過去にどのようなお手入れがされていたか不明確のため、膜厚計により事前に情報を探ることで、リスク回避に繋げています。

目視だけでは確認しにくい部分を膜厚計で補い、技術に過信することなく機器も併用しながら専門店ならではの施工を心がけています。お車購入の際などコーティングをどこで施工しようか迷われましたら、専門店へお問い合わせいただくことをおすすめいたします。


お問い合わせご質問等はこちら からどうぞ。

トピックスのご紹介