- 洗練された技術で愛車を守る -リボルト宮崎

マスキングテープの重要性と落とし穴

皆さんは、マスキングをご存知でしょうか?

マスキング-1

主に下地処理の際、磨いてはいけない箇所(未塗装樹脂、ゴム、エンブレム、ガラス面等)にバフが触れないようガードするために使うもので、マスキングテープという比較的粘着力の弱いテープを貼ることで対象箇所を保護する役割があります。

ところが、このマスキングテープには落とし穴があります。それは、粘着テープを使用するため、剥がす際のトラブルが発生する懸念があるということです。

具体的には、塗装の剥がれやゴムの破損などです。特に、経年車になればなる程、素材の劣化とともにリスクが増していきます。また、貼り付けている時間が長いほど、そのリスクは増します。

ですので、マスキングは貼らずに済むのであれば貼らないでおいた方が無難なのです。ショップによっては、下地処理を行う際、ボディ全体にマスキングを行ってから下地処理を始めるところもあるようですが、当店では必要な時に必要な箇所だけ貼って、終わり次第すぐにはがすようにしています。

確かに、作業途中の画像を撮影する際、全体的にマスキングを貼っていた方が見栄えは良いですが、時間が長い程、ボディにダメージを与えてしまうリスクも増しますので、マスキングは必要最小限にとどめ、本当に必要な箇所に必要なタイミングで行うようにしております。

また、マスキングテープを貼りつける際も工夫をして粘着力を落としたり、また剥がす際も極力丁寧にそっと剥がすように心がけております。

ちょっとしたことかもしれませんが、全ての工程、全ての作業には意味があります。その意味をよく考え、効率よく、また出来るだけリスクを抑えて作業する、それがクオリティアップに必要と考えております。